希望の火の粉

b0208495_22414152.jpg


二年前の今日、被害者の方々、
そして、今も尚、苦境の中におられる方々、を初め、全ての人々に、
この奈良・東大寺二月堂で行われる修二会(しゅにえ=お水取り)の火の粉が行き届き、
今年一年、更なる被害がふりかからず、平和でありますように、
そして、明るい希望がみえますように。


3月1日から14日まで、午後7時、鐘の音を合図に、
長さ6メートル、重さ40キロの燃え盛るお松明を担いで舞台に上がり、
欄干から打ち振ると、火の粉が舞い散り、
その火の粉を被ると、一年を健康に過ごせると言われています。

この修二会は752年以来途絶えることなく続けられ、今年で1262回目。
練行衆は1日から14日まで1日6度の法要を繰り返し、
本尊の十一面観音に世の中のあらゆる罪汚れを懴悔(さんげ)して万民豊楽などを祈る、
とされてます。


舞台側からの撮影です。

・・・Data・・・
ISO1600、F3.5、SS1/30秒、露出-1ステップ


にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ


おきてがみ


[PR]
by Harvest--Moon | 2013-03-11 00:00 | NARA
<< 梅の香 カラーレシピ >>